ブログカテゴリ:英語



2019/11/13
英会話スピークアップの授業が終わってテレビをつけるとJAPANのロゴが入った選手が目に飛び込んできます。「プレミア12」4年に一度の世界大会らしいですが、WBCっていうのもありましたよね。どうも違いがよく分かりません。...
2019/10/30
私ごとで恐縮ですが.....自宅近くで工事が行われています。 家の中にいてもドリルの「がガガガ」という音が耳に侵入して来ます。この騒音を聞きながらなにげなく考えていました。「この騒音って『noise』かな、それとも『noises』かな。」って。...
2019/10/10
「先生、金星って英語でなんていうんですか。」生徒さんからこんな質問を先日いただきました。もちろん、その対象はラグビーワールドカップのアイルランド戦。 ラグビー愛100%の当校講師が質問に答えています。「場合によってupsetとgiant killingなんて表現があるね。」説明によるとupsetは力のある2つのチームが戦って弱い方が勝つパターン、またgiant...
2019/10/07
なんか盛り上がっていますね。ラグビーワールドカップ。当校の講師も札幌の試合を見たなんて興奮気味に話しています。 そんな私は100%にわかファンです。選手の名前やルールもよく分かっていないのですが、日本の勝利を見るのは嬉しいです。そんな「にわかファン」英語では"bandwagon...
2019/09/26
「初めて聞いたわ、この表現。」昨日の授業前、一人の生徒さんがロビーで興奮気味に話してきました。彼女を感動させたのは国連で演説した16歳のグレタさんのスピーチ。"How dare you!"「よくもそんなことをやってくれたわね。」という大人に向けた強烈なメッセージは私も直接胸に響きました。中心の"dare"は「あえて〜する」という形容詞です。...
2019/09/13
旅行の秋🌾当校の生徒さんも様々なところに足を運ぶ方も多くいらっしゃいます。 先日も鉄道🚇を使ったご旅行にお出かけ予定の生徒さんのお話を伺いました。その中で「自由席」について最初、"free ticket"っておっしゃっていました。これだと「無料のチケット」と、なります。自由席は英語でいうと"non-reserved seat"。ちなみに指定席は"reserved seat"ですね。...
2019/08/24
recycle, reset, reuse, 'RE'がいちばん最初に来る言葉はいくつもあります。「再び」を意味するこの表現、とても便利に使えます。 今年の夏、私が少し遠出🚄をした理由の一つはreunion、「同窓会」です。現地に到着すると、そこにはとても懐かしい面々。一瞬で学生時代にもどることができました🍻
2019/08/20
言葉は常に変化します。新しい表現がどんどん出てきます。英語も例外ではないので当校は常に新表現にcatch upするようにしています。 このcatch upはもともと「〇〇に追いつく」という意味です。ところが最近は"catch-up...
2019/08/06
昔は日射病☀️って言っていましたよね。けど、最近この言葉、耳にしなくなったように思います。 その代わり存在感を発揮しているのが😳熱中症😳。両者の違いを英英辞典で調べると違いがわかります。日射病は英語で"sunstroke"です。この症状の原因は「caused by direct sun on the head(頭上に直射日光があたっておこる)」となっています。一方で熱中症は"heatstroke"。'...
2019/07/30
ここ数日、吉本興業に関するテレビ報道で何度この言葉が流されてきたでしょうか。「コンプライアンス」。英語ではcomplianceです。意味は「法令遵守」とされている日本語の意味とほぼ一緒です。 でもニュースを見ていると現実はその反対のことがあちらこちらで起きているような気がします😩...

さらに表示する