ブログカテゴリ:英語表現



2020/03/31
最近、何かと話題に上る「ロックダウン」という言葉。「都市封鎖」と訳されていますね。この場合の「ロック」は「鍵」🔑を表す"lock"です。 個人的には「ロックダウン」よりも「ロック・アウト」の方が馴染みのある単語です。"lock out"は「鍵を中に忘れてしまい中に入れない。」と言う意味です。 なんど酔っ払って「ロック・アウト」になったかわかりません😥
2020/02/18
もうかれこれ30年近く前になるでしょうか。当時、勤務していた英会話学校の講師の体調が悪くなりお医者さん🏥に行きました。...
2019/11/25
今年も出ましたね。時代を飾った言葉の数々。流行語を英語ではbuzzwordなんていいますが英会話スピークアップでは今年もバリエーションに富んだ表現を英語にする授業を行いたいと思います。...
2019/10/28
先週のクラス。英会話スピークアップのクラスには赤のジャージを持って入ってきた生徒さんがいらっしゃいました。背面には大きくINAGAKIの文字が。 ラグビー🏉関連のグッズは飛ぶように売れているそうですね。生徒さんによると地方の方がグッズが残っているということで東京からわざわざ新潟に買いに来るファンもいるんだか。...
2019/10/10
「先生、金星って英語でなんていうんですか。」生徒さんからこんな質問を先日いただきました。もちろん、その対象はラグビーワールドカップのアイルランド戦。 ラグビー愛100%の当校講師が質問に答えています。「場合によってupsetとgiant killingなんて表現があるね。」説明によるとupsetは力のある2つのチームが戦って弱い方が勝つパターン、またgiant...
2019/09/26
「初めて聞いたわ、この表現。」昨日の授業前、一人の生徒さんがロビーで興奮気味に話してきました。彼女を感動させたのは国連で演説した16歳のグレタさんのスピーチ。"How dare you!"「よくもそんなことをやってくれたわね。」という大人に向けた強烈なメッセージは私も直接胸に響きました。中心の"dare"は「あえて〜する」という形容詞です。...
2019/09/21
その名前を思い出しながら「これって英語で"on the tip of my tongue"って言うんだよな。」って考えていました。...
2019/09/20
職業柄、街で見かけたり耳にした表現をどんな英語にしたらいいか常に考えています。...
2019/08/20
言葉は常に変化します。新しい表現がどんどん出てきます。英語も例外ではないので当校は常に新表現にcatch upするようにしています。 このcatch upはもともと「〇〇に追いつく」という意味です。ところが最近は"catch-up...
2019/07/16
しばらく悶々としていました。きっかけは先日、生徒さんから頂いた質問。 「rattle...

さらに表示する